性器不正出血の症状や改善処置など

案外耳馴染みのない言葉である性器不正出血ですが、女性が生きていく上では必要な知識です。これを知らないが為に病気が深刻になってしまったなんていう事態は避けたいところですよね。

突然の出血には

女性の皆さんは毎月のように生理がありますので、男性より血を見るということに慣れている場合が多いそうです。

スプラッタ映画を彼女と見に行ったのに、怖がっていたのは僕だけだった。なんてぼやいている男性の姿を見かけることも少なくありません。

そのように女性器というのは出血することが多々あるのですが、その出血にはきちんと定まった期間があると言えます。

しかし、時には生理的でない時期のはずなのに女性器からの出血が起きてしまうという事態だってあることでしょう。

それを一般的には性器不正出血と呼び、場合によってはお医者さんの診察が必要なことにだってなります。

出血に慣れているからこそ、あまり違和感を感じないかもしれませんが、生理周期でもないのに突然出血が起きたなんて時は充分注意してください。

そもそも女性の生理的な出血ということになると、月経や出産時の出血とその後の悪露ということになります。

そのような場面以外での妊娠していない時に起きる月経以外の出血は全て性器不正出血であると言ってしまってよいでしょう。

対応をきちんとしていれば、後々まで影響を及ぼすこともないのですが、放置してしまっていると、大きな病気にも繋がりかねませんよ。

どんな症状が出るのか

そのように性器からの突然の出血が起きた時には、下腹部の痛みや性器のかゆみ、発熱等も併発するかもしれません。

そうなってしまった時には様々な原因が考えられますので、時分で判断せずに速やかに病院へと向かうことにしてください。

多量の出血が見られるのならば、子宮筋腫、子宮筋腺症、子宮の悪性腫瘍が原因と思われます。

特に悪性腫瘍だったとするのなら、子宮がんということにもなってしまいますので、早期発見が何よりも大事になります。

自分はまだ若いんだから、がんのはずがない!なんて現実逃避したくなる気持ちも分かりますが、何よりも検査をしてはっきりさせることが必要になります。

もしもがんだと診断されても、確実に死に至る訳ではありませんので、心を強くもって診察に向かうことにしてください。

おりものに少しばかりの茶色っぽい血が混入しているのならば、子宮頸管ポリープ、初期の子宮頸がん、子宮膣部びらん、膣炎ということが考えられます。

膣部へのダメージを放置しておくと、後になって子供が作れない身体になってしまうというリスクを負いかねませんので、これも早急に治療したいところです。

子供なんていなくても別に平気だし・・・。
..と思われるかもしれませんが、作らないのと作れないのとでは全然違います。

子供が欲しくて仕方ないのに、自分は立たない・・・。

なんて卑屈にならない為にもお医者さんの言うことを聞きましょう。

セックスをした後に出血するのならば、膣の粘膜や子宮頸部が傷ついていると考えられます。

性行為の度に出血しているようでは、行為自体が煩わしくなりますので、これも早めに治療しておきましょう。

治療の為にはどうすればいいのか

まずはお医者さんに相談するということが第一なのですが、自分でも様々な治療法を試してみるのがいいでしょう。

まずが規則正しい生活を送ることで、ホルモンバランスを整えることに成功したのならば、突然の出血もなくなると思われます。

また、過度なストレスもホルモンバランスの乱れに繋がってしまいますので、ストレスを抱えてしまいがちな人は適度に発散することを心掛けましょう。

不健康な生活を送ってきたという女性ならば、急に改めるのは難しいかもしれませんが、大事な人を悲しませない為にも自戒して生活を送ってみてください。